ホーム

高橋利枝 Toshie Takahashi 早稲田大学文学学術院教授。東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。英国LSE大学院博士課程修了Ph.D.取得 (博士:メディア・コミュニケーション学)。オックスフォード大学やハーバード大学と「若者とデジタル・メディア」に関する国際共同研究を行う。近著に『デジタル・ウィズダムの時代へ :若者とデジタルメディアのエンゲージメント』新曜社、2016年。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会テクノロジー諮問委員会委員。

高橋利枝
Toshie Takahashi
早稲田大学文学学術院教授。 
ハーバード大学バークマンクライン研究所ファカルティ・アソシエイト。ケンブリッジ大学ならびにコロンビア大学客員研究員。専門はメディア・コミュニケーション研究。人工知能やロボット、スマートフォン、SNSなどを人文・社会科学の立場から分析。人工知能の社会的インパクトやロボットの利活用などについて、ハーバード大学やコロンビア大学、ケンブリッジ大学と国際共同研究を行っている。主な著書『デジタル・ウィズダムの時代へ 』(新曜社, 2016年, テレコム社会科学賞入賞)。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会テクノロジー諮問委員会委員。

 

 

 

 

http://blogs.harvard.edu/toshietakahashijp/files/2011/09/高橋利枝研究室パンフレット2018-最終版.pdf

デジタル・ウィズダム