プロフィール

高橋利枝

%ef%bd%8c%e5%88%a4-%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc

早稲田大学文学学術院教授。

専門はメディア・コミュニケーション研究。人工知能やロボット、スマートフォン、SNSなどを人文・社会科学の立場から分析。

2019年「チューリング賞」受賞者ヨシュア・ベンジオ氏らとAI Impact Allianceエキスパート・アドバイザーに就任。人工知能の社会的インパクトやロボットの利活用などについて、ハーバード大学やケンブリッジ大学と国際共同研究を行っている。

Ph.D. (LSE: 社会科学博士: media and communications)

プロフィール

お茶の水女子大学理学部数学科卒業(理学士:数学)。東京大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士:社会情報学)。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。英国ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)大学院博士課程修了Ph.D.取得 (社会科学博士:メディア・コミュニケーション学)。現在、早稲田大学文学学術院教授。

2010年オックスフォード大学教育学部客員リサーチ・フェロー、2010-2011年ハーバード大学バークマン研究所ファカルティ・フェローとして招聘され、「若者とデジタルメディア」に関する国際共同研究を行う。この研究成果をもとに出版された『デジタル・ウィズダムの時代へ :若者とデジタルメディアのエンゲージメント』(新曜社, 2016年) は、2016年度テレコム社会科学賞入賞を受賞した。

2018-19年ケンブリッジ大学、コロンビア大学客員研究員。2018-19年ハーバード大学バークマンクライン研究所ファカルティ・アソシエイト。

主な著書は単著書として『デジタル・ウィズダムの時代へ :若者とデジタルメディアのエンゲージメント』(新曜社, 2016, テレコム社会科学賞入賞),  “Audience Studies”(Routledge, 2009)。単著論文・コラムとして、「人工知能(AI)のもたらす新たなチャンスとリスク」(令和版情報通信白書、総務省、pp.122-125),「人工知能(AI)とロボットがもたらす社会的インパクト:「ヒューマン・ファースト・イノベーション」に向けて」(情報システム学会誌, Vol.14, No.2, 2019.3). 「デジタル・ウィズダム−AI社会に向けて」(社会情報学, 第6巻3号 pp.1-18, 2018年)。分担執筆として“The Language of Social Media: Community and Identity on the Internet”. (Palgrave, 2014),”Deconstructing Digital Natives”(Routledge, 2011)、”International Handbook of Children, Media and Culture”(Sage, 2008)他多数。

現在、AI Impact Allianceエキスパート・アドバイザー。米学術雑誌”Television and New Media” (Sage) 編集委員。英学術雑誌”Global Media and Communication” (Sage) インターナショナル・アドバイザリーボード。オックスフォード大学ケロッグカレッジコモンルームメンバー。情報通信白書アドバイザリーボード。

2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会テクノロジー諮問委員会委員。