講演

高橋利枝『AI/IoTが変革する社会』スマートファクトリーJapan2018、東京ビックサイト、日刊工業新聞主催、2018年6月(パネリストとして招待)。

Takahashi, T. “Global AI Narratives: within a Japanese Perspective ”, UN Summit “AI for Good”, ITU Headquarters, Geneva, May 2018 (invited).

Takahashi, T. “Robots and Social impacts ” (Keynote Speech), the Economy of Robots, European Parliament, Brussels, April 2018 (invited).

Takahashi, T. “Social impact of AI/Robots: contributions to Tokyo Olympics 2020 and after ” (Keynote Speech), the Italy-Japan Workshop, Waseda University, Tokyo, December 2017 (invited).

高橋利枝『スマート・ウィズダム2040: ヒューマン・ファースト・イノベーションの可能性』、情報通信審議会IoT新時代の未来づくり検討委員会(産業・地域づくりWG)、総務省、東京、2017年12月。

高橋利枝『デジタルウィズダム: AI(人工知能)時代における自己創造の可能性』(招待講演)、ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(GCL)、東京大学、東京、2017年11月。

Takahashi, T. “Digital Wisdom: Revisiting the Complexity Model of Communication in Japan” (Keynote Speech), The Japan Foundation and Centre Européen d’Études Japonaises d’Alsace, Kientzheim, France, September 2017 (invited).

高橋利枝『デジタル・ウィズダム−AI社会に向けて』(基調講演)、社会情報学会、駒澤大学、東京、2017年9月。

高橋利枝『AI時代におけるデジタル・ウィズダム』、オープンキャンパス、早稲田大学、東京、2017年8月。

高橋利枝『ソーシャルグッドのための人工知能: AI時代におけるイノベーションと自己創造の可能性』(招待講演)、ナレッジキャピタル、大阪、2017年7月。

高橋利枝『日本における多言語翻訳の現状:(中間報告)ヒアリング調査より』、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(第 4 回 テクノロジー諮問委員会)、東京、2016年12月。

Takahashi, T. “Always on and connected: comparing young people and their mobile social media use in Japan, US, and the UK”. Japan Foundation London, London, UK, September 11, 2014.

flyer2

 

 

 

 

 

 

 

高橋利枝『若者とメディア生活』、民放連(ラジオメディア再価値化研究グループ)、東京、2013年12月。

「グローバル時代、デジタル時代のチャンスとリスク」日産自動車、2012年8月。

「デジタル・ネイティブ概説」日産自動車、2012年7月。

「デジタル・ネイティブとグローバリゼーション」ケンブリッジ大学、2010年5月。(Takahashi, T. “Digital Natives and Globalisation: the Case of Japanese Youth’s Engagement with Digital Media”. Department of Sociology/Cambridge Media Research Seminar, University of Cambridge. Cambridge, UK, May, 2010.)

「デジタル・ネイティブのコミュニケーション」立教大学、2009年12月。

「デジタル・ネイティブの情報行動」名古屋大学、2009年8月。[PDF]

「デジタル・ネイティブと日常生活」オックスフォード大学、2009年3月。(Takahashi, T. “Digital Natives and Everyday Life: the Case of Japanese Engagement with SNS (Social Networking Sites)”. Department of Education, University of Oxford. Oxford, UK, March, 2009.)