『ロボット時代における複雑性:日本におけるAIの社会的インパクト』@国際シンポジウム(Care, Ritual and Media) by RMIT

オーストラリアのRMIT主催のケアとメディアに関する国際シンポジウム(Care, ritual and media:creative, design, social and ethnographic interventions)で、「AIとロボットの可能性(Complexity in a Time of Robots: the Social impact of AI in Japan) 」についてお話しました。

招聘してくださったRMITのLarissa Hjorth教授、国際シンポジウムを開催してくださった慶応大学の加藤文俊先生はじめ慶應SFCの皆さま、本当にどうもありがとうございました。

19961197_10209265366300966_3593481838418015817_n

 

About Toshie Takahashi

Toshie Takahashi is Professor in the School of Culture, Media and Society, Waseda University, Tokyo. She was appointed faculty fellow at the Berkman Center for Internet and Society at Harvard University, 2010-2011 and, before that, visiting research fellow at the Department of Education in the University of Oxford. Her current research is an ethnography in youth engagement with digital media in US, UK and Japan. She has been appointed to the technology advisory committee of The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games 2020. 【早稲田大学文学学術院教授。東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。英国LSE大学院Ph.D.取得 (博士号:メディア・コミュニケーション)。オックスフォード大学やハーバード大学と「若者とデジタル・メディア」に関する国際共同研究を行う。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会テクノロジー諮問委員会委員。】
This entry was posted in AI, テクノロジー, ロボット. Bookmark the permalink.