Science in Public2018 学会発表:『AIナラティブとロボットの社会的インパクト」@カーディフ大学

ケンブリッジ大学のグローバルAIナラティブ・グループ

2018年12月17日、カーディフ大学にて。Science in Public2018 学会で、『AIナラティブとロボットの社会的インパクトーテクノオリエンタリズムを超えて(AI Narratives and Social Impact of Robots in Japan: Beyond Techno-Orientalism)』について、ケンブリッジ大学のグローバルAIナラティブのグループとパネル発表を致しました。

テクノオリエンタリズムを越えて、日本に対して少しでも理解を深めてもらえれば、幸いです。

About Toshie Takahashi

Toshie Takahashi is Professor in the School of Culture, Media and Society, as well as the Institute for Al and Robotics,Waseda University, Tokyo. She was the former faculty Associate at the Harvard Berkman Klein Center for Internet & Society. She has held visiting appointments at the University of Oxford and the University of Cambridge as well as Columbia University. She conducts cross-cultural and trans-disciplinary research on the social impact of robots as well as the potential of AI for Social Good. 【早稲田大学文学学術院教授。元ハーバード大学バークマンクライン研究所ファカルティ・アソシエイト。現在、人工知能の社会的インパクトやロボットの利活用などについて、ハーバード大学やケンブリッジ大学と国際共同研究を行っている。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会テクノロジー諮問委員会委員。】
This entry was posted in AI, AI ナラティブ, 文化/コミュニケーション. Bookmark the permalink.