国連との共同プロジェクト『AIのある未来』の報告書が出来上がりました!

国連との共同プロジェクト『AIのある未来』の報告書が出来上がりました。

ご協力頂きました皆さまに心より感謝致します。

未来に向けた若者達からの要望を実現するために、11月に、IT企業や政府の代表、国連関係者などを交えた、国連主催のワークショップを開催する予定です。

『人を幸せにするAI社会』の創造に向けて、微力ながらも貢献できれば幸いです。今後ともご指導のほどどうぞよろしくお願い致します!

About Toshie Takahashi

Toshie Takahashi is Professor in the School of Culture, Media and Society, as well as the Institute for Al and Robotics,Waseda University, Tokyo. She was the former faculty Associate at the Harvard Berkman Klein Center for Internet & Society. She has held visiting appointments at the University of Oxford and the University of Cambridge as well as Columbia University. She conducts cross-cultural and trans-disciplinary research on the social impact of robots as well as the potential of AI for Social Good. 【早稲田大学文学学術院教授。元ハーバード大学バークマンクライン研究所ファカルティ・アソシエイト。現在、人工知能の社会的インパクトやロボットの利活用などについて、ハーバード大学やケンブリッジ大学と国際共同研究を行っている。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会テクノロジー諮問委員会委員。】
This entry was posted in AI, グローバリゼーション. Bookmark the permalink.