プロダクション

ビッグデータ Since2014  

情報通信学会 ビッグデータ研究会

主 査 :  高橋 利枝
幹 事 :  菅谷 実、上原 伸元
研究会主旨:
ビッグデータ分析という新しいデータ分析手法がメディア研究におよぼす効果、影響などを明らかにするために、いくつかの個別テーマを設けて研究を進めていく。本年度取り上げるテーマとしては、放送のセカンドスクリーン・サービスを取り上げたい。本テーマは、直接、ビッグデータにかかわる問題ではないが、テレビのファーストおよびセカンドスクリーンを経由したパーソナル・データ収集問題などは、ビッグデータともかかわる新たな政策課題となりつつある。

2015年度 第2回ビッグデータ研究会

日 時 :11月10日(火)16:30~18:00
場 所 :慶應義塾大学三田キャンパス 南館5階 D2051
テーマ :「映像配信プラットフォームの可能性― C CHANNELのビジネス展開を中心に」
発表者 :三枝 孝臣(株式会社アプリオ代表取締役、C CHANNEL株式会社取締役)
司 会 :高橋 利枝(早稲田大学教授)
概 要 :
LINEの元社長森川亮氏がこの4月に「女子のための動画ファッションマガジン」として立ち上げたC CHANNELに取締役として加わった三枝孝臣氏に映像配信プラットフォームの可能性、具体的にはソーシャルメディア市場での競争と協調、ビックデータビジネス、さらに海外展開という3つのキーワードから新しいビジネスモデルの可能性について語っていただく。三枝氏は本年、日テレを退社し、7月より新たなメディアデザイン、クリエイティブデザイン事業を目指して「株式会社アブリオ」を設立、同時にC CHANNELにも役員として参加している。

過去の研究会報告

2015年度 第1回研究会(学会大会)
「ビッグデータ時代のスマートデバイス戦略 – アジア市場の特質とは何か?」
2014年度 第2回研究会
「米国におけるスマートテレビとスマートフォンの連携ビジネス ー 映像コンテンツ流通の多様化」
2014年度 第1回研究会
「日本の地上波放送のスマートTV/セカンドスクリーン展開の現状と課題
-放送局主導プラットフォームとソーシャル連携を中心に-」

クロス・メディア 2007~2008

クロスメディア時代における広告と新たな消費者像について、メディアの送り手と受け手の双方に対する調査研究から明らかにする。テレビとインターネットとの融合やワンセグなど、日々刻々と変容しているメディアの将来像について、テレビ業界や広告会社などのキーパーソンに対するインタビューから探っていく。

インタビュー一覧(敬称略、肩書きはインタビュー当時のもの)

株式会社電通

テレビ局長 秋山創一

テレビ局デジタル業務部長 榑谷典洋

スポーツ事業部 放送・映像事業1部長 槙英俊

スポーツ事業部 放送・映像事業1部 アソシエート・スーパーバイザー 西山彰宏

衛星メディア局長 山崎純

衛星メディア局長 計画推進部長 大重善尚

インタラクティブ・コミュニケーション局長 高島鉄朗

インタラクティブ・コミュニケーション局次長 兼 メディア企画室長 高森雅人

テレビ局長 高田佳夫

テレビ局計画推進部 加藤篤史

衛星メディア局長 寺田篤

ラジオ局長 衛藤健治

株式会社プレゼントキャスト

代表取締役社長 石川豊

企画制作部長 須賀久彌

NHK

放送総局 特別主幹 会長特命 IT・AOD担当 関本好則

編成局 デジタルサービス部 担当部長 宇佐美亘

総合企画室 [経営計画][デジタル推進担当] 担当部長 元橋圭哉

フジテレビジョン

営業局営業推進センター営業推進部 主任 青木慶一

営業局営業推進センター営業推進部 副部長 久保木準一

デジタルコンテンツ局デジタル企画室 副部長 陶山正博

デジタルコンテンツ局デジタル企画室 調整担当部長 加藤浩輔

CSR推進室 部長 池貝真

TBS

執行役員 メディア推進局長 木村信哉

日本テレビ

編成局デジタルコンテンツセンター長 田村和人

BS朝日

代表取締役社長 神村謙二

BS日本 最高顧問

日本テレビ 顧問

漆戸靖治

■報告書

高橋利枝編著「クロスメディア時代における広告と新たな消費者像――携帯電話の可能性」吉田秀雄記念事業財団、2008年。